キャッシングとクレジットの違いについて

MENU

キャッシングとクレジットの違いについて

プロミスキャッシング

キャッシングとクレジットの違いについて説明します。クレジットは商品を購入する際にカードを提示する事で、現金を支払わずに商品を購入する事が出来ます。代金は後日カード会社を通じて請求されますので、一括払いやリボルビング払いなど、その支払い方法に応じてクレジット会社からの請求金額を支払います。

 

それに対し、キャッシングは金融機関から現金を借りることを指します。本来であれば指定の期日に一括返済するのですが、最近ではリボルビング払いが出来る事もあります。クレジットカードの場合は、本来のクレジット機能の他に、キャッシングの機能も付いていたり、旅行の際の傷害保険が付いているなど、複数の機能を有している事がほとんどです。

 

クレジットとキャッシング、どちらも形式は違いますが、お金を一時的に借りることになり、基本的に借りるからには利子が付きます。利子については業者や支払い形式などによっても変わってきますが、利率の上限に関しては法律で定められております。クレジットもキャッシングも便利ではあるのですが、その危険性を理解せずに安易に使用すると、後で返済に困ることになるので、利用する際にはきちんと計画的に利用する事が大切です。