プロミスの返済期日に遅れてしまった場合

MENU

プロミスの返済期日に遅れてしまった場合

プロミスのキャッシングは、遅延すると延滞金が発生します。遅延損害金と呼ばれるもので、いわゆる損害賠償に相当します。裁判をかけると面倒なので、利息と同様に日割で発生する仕組みになっています。遅延利率(実質年率)の利率は20.0%であり、他のキャッシングと同水準です。通常の利息よりは高くなっているので、返済に遅れて一番困るのは借り手なのです。プロミスでお金を借りている方は、たとえ1日でも返済に遅れないようにしましょう。

 

キャッシングの返済に遅延する最大のデメリットは遅延損害金ではありません。遅延したことにより、信用力を落とすことにあります。遅延が続くとブラックとなり、プロミス以外の金融機関も利用者の情報を共有できるようになります。また、貸付を凍結される可能性もあり、利用残額に余裕があるのに借りられない状況となりかねません。うっかりして忘れることは誰にでもありますが、わかっていて連絡しないのはいけないことです。もっとリスクが高いのは、返済不能な状態で遅延してしまうことです。数日も遅延してしまうと、業者側は利用者が返済に逼迫していると判断し、新たな貸付を凍結する場合があります。遅延損害金を発生させないためには、返済できない金額を借りないことが大切です。

 

返済方法は忘れずに返済できる方法を選んでおきましょう。どのような理由があれど、1日遅延すると1日分の遅延損害金が発生します。利息に加算されるので、遅延するほど返済が大変になります。確実に返済できる範囲で借入額を決めていきましょう。