過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか

MENU

過去に利用したキャッシングの情報はバレるのか

キャッシングをする際に借りやすくなるポイントとなる条件はいくつかあります。例えば収入です。安定した収入があることは確実に返済して行くためには必ず必要なことです。そのため、収入は必須の条件となっていますし、法律上でも総量規制で年収の3分の1以上は借りられないというふうに決められています。それでは専業主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦でもかりられる金融機関はあります。銀行のカードローンでしたら専業主婦でもかりられることが多いです。それは銀行が総量規制の対象外となっているからです。

 

その他にも、夫に安定した収入があれば夫婦で合算してその収入の3分の1まで借りられるという制度もあります。この場合は夫に借金がなかったり、夫の借金が年収の3分の1になっていなければ専業主婦でもかりられるという制度です。専業主婦など収入がない場合でもまったく借りられないというわけではありませんし、少額の場合は問題がない場合がほとんどです。そのほかの条件として、過去の借金履歴もあります。これはかなり重要視されます。ただし、過去に借金をしたことがあるからダメとかいうことはありません。延滞していないことが大切です。

 

もしも過去に借金をしていたとしても、きっちりと返済しているのであれば期日を守る人としてプラスに評価されます。延滞していれば限度額を減らされたり断られたりもします。もしも嘘をついて評価を上げようとしても、金融会社は業界内で情報を共有しているので必ずバレます。