日本政策金融公庫の審査で重要なこと

MENU

日本政策金融公庫の審査で重要なこと

日本政策金融公庫は、独立起業を考えている人に対してお金を貸してくれる金融機関です。日本政策金融公庫でお金を借りたい場合の審査は、一般の人とは少し異なります。一般の金融機関の審査というのは、その人の雇用体制や、勤続年数、お金を借りた経歴や、以前借りたところで滞納などをしていないかなど、利用目的などもそれほど執拗に聞かれたりするわけではありません。

 

しかし、日本政策金融公庫は起業を考えている人が利用するものなので、金額も大きく、貸す方としても慎重に融資しないといけません。日本政策金融公庫の審査で大切なものは、事業計画書と面接です。
日本政策金融公庫の審査は、創業動機が明確かということを審査します。どういう目的で、何をやりたいかということをはっきりとさせる必要があります。動機があいまいな場合は、起業するための困難を乗り切っていくことができません。創業しようとしている事業内容が顧客のニーズや時代の流れに乗っているかなども判断します。

 

また、事業を継続していくための自信、家族の理解、創業場所、必要な従業員の確保、セールスポイント、売上高や収入の予測、自己資金なども借りるためには重要なポイントとなります。実績のない、これから始めようという事業に対して融資をしてくれる金融機関は日本政策金融公庫しかないので、日本政策金融公庫で断られてしまった場合にはほかで借りることはできません。

 

参考:日本政策金融公庫公式サイト