消費者金融の歴史をチェック!

MENU

消費者金融の歴史

プロミス

手持ちの資金をより有効に活かしていくために、消費者金融を利用するということは頻繁に行われるものです。消費者金融の正しい利用法を理解し、それを実行することができれば、より有効な資金の運用が可能になるものです。今では消費者金融が利用されるということに対するマイナスイメージも以前ほど強くはなく、インターネットなどから気軽に申し込めるということも手伝い、多くの人に消費者金融が認知されるようになってきました。その消費者金融というものはどのようにして生まれ、今日の地位を確立したのでしょうか。

 

個人への融資が始まったのは、1929年に後に安田銀行に吸収された日本昼夜銀行が、官庁や銀行に勤務している人を対象として、行われたのが最初と言われています。翌年の1930年には、三井銀行が、自身の社員を対象とした融資を展開しており、これらが今日の個人向け融資の前進となります。

 

太平洋戦争直後は、産業への投資が優先されたため、個人に対する融資が行われることはありませんでした。再び個人融資が行われるようになるのは、1950年代の半ばに信用金庫をはじめとした中小規模の金融機関を中心に消費者への融資事業が展開されるようになったことが発端となります。これが1960年代になると、金融の自由化を受けて多くの金融機関が個人向け融資事業に積極的に取り組むようになり、消費者金融ブームとなりました。

 

同じく1950年代半ばに、日本信販や、現在はSMBCコンシューマファイナンスとなっている三洋商事や関西金融というような金融機関が、サラリーマンを対象とし他小口金融を展開するようになりました。これらが現在展開されている消費者金融の直接的な前身となります。