ショッピング枠とキャッシング枠の違いとは

MENU

ショッピング枠とキャッシング枠の違いとは

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いについて知っていますでしょうか。この記事ではクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠について述べていきます。

 

まずはじめに、ショッピング枠とキャッシング枠の「枠」ついて説明します。この「枠」というのは、利用限度額のことで、この枠内であれば自由に利用できるということです。ちなみに利用限度枠は、個人個人で変わってきます。また、高い買い物などをする時は限度額を超えると支払できないため、後どのくらい限度額が残っているのか確認する必要があります。

 

クレジットカードのショッピング枠とは、ショッピングなどで利用でき限度額のことです。例えば、インターネットショッピングやコンビニでクレジットカードを利用して支払をすることがこれに当たります。この枠が30万円であれば、買い物などで支払できる金額は30万円までということになります。クレジットカードのキャッシング枠とは、直接現金を借りることのできる利用限度額のことです。対応している銀行やコンビニのATMから面倒な手続きなしで現金を借りることができ、自由に使うことができます。この枠が30万円であれば、現金で借りられる金額は30万円までということになります。もちろん、現金を借りる場合は金利手数料がかかります。基本的にクレジットカードのキャッシングは金利手数料が高く設定されているので、面倒な手続きがなく簡単に借りることができるからといって無計画に借りるのはやめましょう。